ネイチャー&アーツ

 出合うことで、何かを得ることが出来るのは、人でも店でも同じことなのかもしれません。

 ネイチャー&アーツの店主、吉澤さんのお話を伺いながらそんなことを思っていました。 

 例えば革のこと。動物の「皮」はなめしという加工をすることで、柔らかく柔軟性のある「革」になり、カバンや財布などになれます。クロムなめしは金属性の物質を使い、大量で手早く加工できるという利点がありますが、環境への影響などが問題視されています。

 「この犬の首輪は、植物性のタンニンを使ってなめしをしているんですよ」と吉澤さんはいいます。クロムなめしは1日で加工できるのですが、タンニンなめしは1月もかかります。しかし、自然にやさしく、使う犬の負担もすくないといわれています。首輪には、名前や飼い主の電話番号を刻印することも出来て、迷子になった時にも安心です。

 この痒いところに手が届くような優しさは、吉澤さんが小さなころから、犬とともに暮らしてきた経験と、保護動物のボランティア活動から培われたものかもしれません。「私が関わっているのは、おしゃれで明るい保護団体なんです。同世代の人がたくさんいて、たのしいです」

 店には、大好きな犬のグッズのほかに、手作りのアクセサリーや、レターセットなどの紙物、鉱物など、幅広くそろっていますが、吉澤さんのセンスで並べられているので、全てが凛としていながらやさしい品がそろっています。

 また、売り上げの一部を動物の保護団体や、ブルガリアの女性支援の機関に寄付をする商品もあり、買い物と同時に社会貢献が出来るのは、うれしい仕組みだと思いました。

 アクセサリー修理の依頼も多いといいます。物を大事にする、心がこんな仕事にも表れているように思えました。12月からはネット通販もはじめたそうです。「店内はペットも一緒にご入店いただけるので、是非おうちの子と一緒に遊びにいらしてください」と吉澤さん。

 新しい高円寺の風がここから吹いてくる、そんなたたずまいのお店です。

オフィシャルサイト

https://nature-arts.jp/

オンラインショップ

https://shop.nature-arts.jp/

●吉澤さんおすすめの高円寺のお店

ドッグ・ベリー

お昼時から深夜まで通しで営業している使い勝手の良いカフェです。ペットも入店が出来るので、動物好きにはうれしいお店です。ドリンクはもちろん、フードも充実しています。広いソファー席もあり、ゆったりと長い時間すごせます。「ペット仲間と会うときなどに利用しています」(吉澤さん)。

日本の手仕事・暮らしの道具店 Coto goto

「日本の素材を使い、職人が丁寧に作り上げた、暮らしに寄り添うモノを発信していく」がコンセプトのお店です。雑貨、と呼ぶにはもったいない、綺麗な品々が並んでいます。「行くと必ず何か買ってしまうんです」(吉澤さん)

沖縄居酒屋 抱瓶

いわずと知れた高円寺の名物居酒屋。一歩そこに入ればそこはもう東京の中のちいさな沖縄、という通り、元気なエイサー姿の店員さんの掛け声が響いています。年中かわらず熱いので(炎の居酒屋の別名もあり!)寒い時期にもおすすめです。旅好き、離島好き、そして高円寺のそばで生まれ育った吉澤さんには「昔から行っています」という定番のお店です。